つい深爪をしたり、合わない靴を履いたりしていると、いつ自分が巻爪になってしまうかわかりませんよね。いざという時のためにも、巻爪の治療法には一体どのような治療法があるのか知っておきましょう。一般的には、巻爪の痛みが少なく症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が重症ではないような場合には、矯正によって治療を行う病院が多いようです。矯正には、プラスチック製のプレートや金属製のバネを使用したり、形状記憶合金のワイヤーやプレートを使用したりします。日本で多く行われている形状記憶合金のワイヤーやプレートを使用する矯正は、爪の白い部分の左右に穴を開けます。そして、その穴に巻爪の状態に合った固さの形状記憶(歌の歌詞にもよく登場しますが、あまり捉われていると今が疎かになってしまいがちです)ワイヤーを装着するだけです。早ければワイヤーを装着した直後に痛みが治まり、遅くても数日中には症状が軽くなる方が殆どでしょう。巻爪の症状が酷く、痛みも強くてワイヤーの穴を開けられないような場合には、形状記憶合金のプレートを利用しましょう。爪に医療用の接着剤(その商品によって、くっつけることができるものが畭なり、使用条件なども違ってくるでしょう)を使用して貼り付けるだけですので簡単ですが、矯正力はワイヤーの方が強いと言えます。また、最新の矯正法には、「B/Sブレース」があります。これは、爪の痛む部分に特殊なプラスチック製プレートを装着するもので、平らなスプリングの役割を果たしてくれます。スプリングの力が爪全体に分散されて、ある部分のみを強く圧迫して痛みが発生する事を防いでくれるのです。それと一緒に、爪を広げて平らにする効果もあり、現在では足の専門分野や医療分野などから高く評価されている矯正法ですー